システム利用の各種設定・準備


ぐんま電子入札共同システムを利用するための機器等


【ハードウェア】
 入札情報公開システム、競争入札参加資格申請受付システムを利用するためのハードウェア
CPU Core Duo 1.6GHz 同等以上
メモリ 1.0GB以上
ハードディスク 1ドライブの空き容量が1.0GB以上
ディスプレイ 1024×768ドット(XGA)以上の解像度
インターフェース インターネット回線へ接続できること
プリンタ A4サイズを印刷できること ※申請受付システムで添付書類送付票等の印刷に使用します

 電子入札システムを利用する場合は上記に加え、下記の仕様を満たす必要があります。
インターフェース ICカードリーダーを接続できること
ICカードリーダー 電子入札コアシステム対応認証局が指定した機種
ICカード 電子入札コアシステム対応認証局より発行された電子入札に利用可能なもの


【ソフトウェア】
OS ブラウザ 電子メール Java実行環境(32bit版JRE)
※電子入札システムを利用する場合
電子入札用ソフト
※電子入札でICカードを利用するために必要なソフト
JRE8.0_191 JRE8.0_161以前のバージョン
Windows 8.1 Pro
Windows 8.1
※1,3
Internet Explorer 11
(32bit版)
電子メールが受信できること
電子入札コアシステム対応認証局が指定しているバージョンであれば、電子入札システムは動作しますが、セキュリティ上の問題が発生するおそれがあるため、早急にJRE8.0_191へのバージョンアップを推奨します
電子入札コアシステム対応認証局から提供されているソフトをご利用ください
Windows 10 Pro
Windows 10 Home
※2,3
 ※1 Windows 8.1の「Internet Explorer」はデスクトップ版をご利用ください。ストアアプリ版は動作保障外です。
   デスクトップ版の起動方法については、【Windows 8.1でのInternet Explorer起動方法】から、ご確認ください。

 ※2 Windows 10で標準の「Microsoft Edge」には対応しておりませんので、「Internet Explorer」をご利用ください。
   「Internet Explorer」の起動方法については、【Windows 10でのInternet Explorer起動方法】から、ご確認ください。

 ※3 Windows 8.1/Windows 10で標準のJIS2004フォントには、電子入札システムで使用できない文字が含まれています。
   JIS2004でのみ対応している文字を使用しないよう設定をお願いいたします。
   設定方法は、【JIS2004のみ対応文字使用制限設定】から、ご確認ください。

【ネットワーク】
回線 インターネットに接続できる環境
※高速回線による常時接続サービスを推奨します
プロトコル HTTP、HTTPS、SMTP、LDAP
※LDAPは、電子入札システムを利用する場合に必要です