電子入札システムログイン時にエラーメッセージ「Java(TM)は、最新のものではなく更新が必要なためブロックされました。」と
ポップアップメッセージが表示され電子入札システムを利用することが出来ない。

 
  • マイクロソフト社のWindowsアップデ−トにより、2014年9月10日より、電子入札システムで下図のポップアップが表示された場合、
    該当するページをブラウザの「信頼済みサイト」から登録することでブロックは解消されます。

    ■InternetExplorer 8の場合(画面上部)
     メッセージをクリックするとメニューが表示されます。
    Internet Explorer 8


    ■InternetExplorer 9以降の場合(画面下部) Internet Explorer 9以降

     信頼済みサイトURL:https://portal.g-cals.e-gunma.lg.jp/
     登録方法は、こちらからご確認ください。

      ※「更新」は選択しないようご注意ください。
       「更新」を選択して最新のJavaをインストールすると、電子入札システムが正常に動作しない恐れがございます。
       ご利用の認証局でサポート対象外の最新Javaをインストールされてしまった方は、こちらをご確認ください。